今回のライトニングではフルカウントの定番デニムアイテムの加工シリーズを掲載!
フルカウントの加工デニムシリーズでは 
Dartford / Half-way There とリリースしており、今まではReal Killerがもう一点リリースしておりましたが、
今回からReal Killerの進化系More Than Realをリリース!!

是非そのフルカウントの加工の真骨頂をご覧あれ!!


lihtning-2021-06-1.png



lihtning-2021-06-2.png

lihtning-2021-06-3.png

加工アイテムはコチラからご覧いただけます。
近日発売されたライトニングでは
最近噂のフルカウントのデニムコンディショナーのトピック。
そして、フルカウントの定番アイテムとして認知も少なかったのか、カタログリリース以降
定番シャツアイテムのシャンブレーシャツが大変好評で、
そのシャンブレーシャツの生地と縫製などに突っ込んで掲載!!


世界中がこの1年間ずっと自粛モードで過ごしてきた中、今年は早々にそれを打破する兆しが見えてきた。そのためか、今年は温かくなったら、いつも以上に開放的な気分に浸りたい! そういう想いを心に秘めている方も多いことだろう。最近では、陽射しもかなり強くなった。その陽射しを浴びると、自粛モードが解除されて、思いっきり外で楽しめるようになった今夏のシーンを、ついつい想像してしまう......。 実際のところ、まだどうなるかはわからない。でも、そんな気持ちの高ぶりを、期待を込めてアロハシャツに重ね、それが実現することをいまから楽しみに待ちたい。だから、今月号はアロハシャツにフィーチャー。日本が世界に誇るサンサーフを大特集する。







2021-05-2.png
●6011 Denim Conditioner


2021-05-3.png
●4810 Chambray Shirt
●4900 Stand Collar Chambray Shirt

昨年よりご期待頂いておりましたフルカウント大戦モデル。
二月-三月と最終入荷分が納品となり、それに合わせて大戦時のモノづくりにフォーカス!



モノというのは、使えば使うほどダメージを受けてしまう。でも、長く使い込まれたモノの持つ味わいは、新品には出せない魅力がある。

しかしウエアの場合、ダメージを受けてしまうと身につけなくなるという人も多いが、ライトニングではリペアやカスタムをDIYでトライしてみるという楽しみ方を今号では提案!

縫ったり、貼ったり、色替えしたり......、自分らしくリペアやカスタムした分、愛着が沸いてくるってもの。ステイホームが当たり前になった今だからこそチャレンジしてみようじゃないか。

今号では、編集スタッフがやってみたいカスタムを実践したり簡単にできるリペアを紹介。さらに、白Tシャツやデニム、ブーツなど我々にとっての定番アイテムのクリーニングやメインテナンス方法の基本をおさらいする。



2021-02-1.jpg


2021-02-2.jpg

2021-02-3.jpg



上記から次回入荷分がご予約頂けます。

3月5日から発売開始となるミリタリーバックサテンバージョンはコチラ☝


また、同日に発売するデニムコンディショナーも合わせてご覧ください!
6011-1.png

IMG_7027.jpg


CLUTCH Magazine Vol.78掲載

February 22, 2021

CLUTCH Magazine Vol.78にてフルカウントのデニムジャケット3rd typeのモデルを紹介!
今でこそ1st typeが巷では大人気ですが、フルカウントは元々一番最初に作成したジャケットはこの3rd typeです。

というのも、その当時でさえこのシルエットのジージャンはカジュアルウェアの代表モデルでもあり、ジージャンといえばこの形。そういったことから最初に作った品番Lot . 2101として現在も作り続けています。
その色落ちと色落ち前の比較も含めてご覧ください!


2021-04-1.png

ワークウエアとして生まれ、今やファッションアイテムとしても不動の地位を誇るデニム。
凜としたワンウォッシュのブルーから、荒々しく色落ちした表情まで、そのスタイルはクラシカルにもモダンにも当てはまる。
昔ながらのワークウエアらしさを感じるヴィンテージスタイルから、モダンなデザインで再構築したものまで、一般的な5ポケットデニムだけでなく、ジャケットやシャツなど、デニムにまつわるスタイルを様々な角度から切り取ってみる。
デニムとレザージャケット、デニムとヴィンテージモーターサイクル、デニムとレザーシューズなど、どんなスタイルにも見事にハマるデニムを軸に、それをキーワードにしたスタイルをクラッチマガジンらしい視点で追う。
さらには英国が生んだ今は無き最速のモーターサイクルであるヴィンセントを特集。
イギリスで生まれ、当時の技術を駆使して生まれたVツインエンジンと、そのクラシカルな造形美から、当時のモーターサイクルのなかでも群を抜く高いプライスで登場した伝説のブランドに迫る。
デニムやヴィンテージモーターサイクルなど、ひとつ上を行く世界基準のコアな価値観をクラッチマガジンらしい美しい写真で展開する。
[Clutch Mag HPより転載しております。]


2021-04-2.png

ACVM by Addict Clothes Japanとの今シーズンの注目コラボアイテム。
残り僅かとなりました。


↓こちらがフルカウントジージャンの色落ちです!
2021-04-3.png


いかにもヴィンテージな面構え。
こちらの様な腕のハチノスやアタリはジャストサイズでないと叶わない。
また、ジージャンを洗うタイミングはいつなのか。
これはあまり洗ってなさそうです。
恐らく一年程着用してから洗っているような雰囲気にも感じますね。

是非この春先からブラウス的なライトアウターとしていかがでしょうか?



今回のLightning は別冊ではないですが、ヴィンテージ衣類のメイン的存続のアイテムを時系列に掲載されており、FULLCOUNTではワークウェアからカジュアルウェアへ発展してきた変遷のアイテムをモチーフに数点絞って今のおすすめアイテムを掲載!


2021-01-1.jpg


2021-01-2.jpg

2020AWシーズンより展開し始めた1373 Son Of the Soil Denimは19世紀後半時期に出回っていたであろうジーンズいや、ウェストオーバオールが大変好評につき来月上旬に再入荷予定。

また、ブッシュパンツといった5ポケットジーンズよりワーク色の強いアイテムも準定番として常々展開中。
ただ、準定番ということもあるのでサイズがある内にゲットをお勧めいたします。

70sあたりからファッションアイテムとしてデニムアイテムはリリースされており、ブラックジーンズやブーツカットも展開。
こちらもフルカウントの準定番となっております。


2021-01-3.jpg


上記の生地は福島県郡山市にある、超BIGアパレルショップ JOB 314様別注のSPジーンズです。
新開発した50年代のXXデニムを採用し様々な仕様はJOB専用のデザイン。
是非ご覧いただければ幸いです。




今月末号発売のライトニングにはフルカウント屈指の縫製技術と最高峰のオリジナルファブリックのジンバブエコットンを使用した吊り編みスウェットの詳細を事細かく紹介!!


-今月号紹介-
コロナ禍で今までとはちょっと違うライフスタイルを送らなければいけない状況でも、新しい価値や文化が生み出すのがライトニング流。
そこで注目したのが、アウトドアフィールドの存在。多くの人がアウトドアを目指すのであれば、人とは差をつけたいと、より深みにハマるのはいい意味で悪い癖。そう、誰もがフィールドで「あいつ、なかなかやるな」と思われたいのである。
みんなが今ハマッているからこそ、スタイルが重要視されるってわけ。そこで考えた。カッコが大事な本誌としては、何をするかではなく、どんなスタイルで楽しむかということを。フィールドに行くクルマのチョイス、どんなウエアでコーディネイトをするかなどなど。
本誌ならではのアウトドア特集は、そんなクルマやウエアのチョイスが最優先。
まずはフィールドに出る前の予習をここでしてみようではないか。


20201127110603-0001.jpg


20201127110605-0003.jpg




20201127110607-0004.jpg



20201127110610-0006.jpg


今回のLightning誌面ではフルカウントの年末スペシャルプロダクトの紹介がございます!

また、今回はミリタリー特集。
フルカウントの現在超お勧め商品のモッズコートも掲載。
是非ご覧くださいませ。


重ね着をしたり、アウターを羽織ったりといろいろな服が着こなせる服好きが最も楽しみしているシーズンが到来! 各ブランドでも新作の秋冬モノが続々とリリースされ、コーディネイトに彩りを与えてくれている。そこで今号の特集では、デニムジャケットやナイロンフライト、レザージャケット、ネルシャツといった秋冬の定番ともいうべきアイテム中心に、トップス選びのコツを伝授する。サイズ感や他のアイテムとの合わせ方など、着こなし術をもう一度勉強してみよう。今月号のライトニングを読めば、秋のコーディネイトが楽しくなること間違いなし! また特別企画としてリアルマッコイズの今秋の新作も紹介。今月号は、ファッション祭りだ!
[枻出版社 Lightning より抜粋]

202010-1.jpg

202010-2.jpg

●2001 Stand Collar Hooded Mods Coat

202010-3.jpg

●S2107 WWII (WPB Regulation)


202010-4.jpg

●S0105 WWII (WPB Regulation)


CLUTCH Magazine Vol.76掲載

October 23, 2020

CLUTCH Magazine Vol.76にてBrown`s Beach Jacketのコーディネートを特集!
是非ご覧くださいませ。

=本誌掲載情報=
店舗から始まって、今や一般家庭でも取り入れられるようになったインテリア潮流がインダストリアルスタイル。デザイナー主導のインテリア文化とは人ひと味違った、質実剛健で重厚感のあるインテリアだ。主役となるのは鉄や木や革で構成されたアンティーク家具。
素材の色がそのまま空間を彩る。

今回の特集では、日本のインダストリアルスタイルを牽引するアンティークショップオーナーたちを取材。業界のリーダーがインダストリアルスタイルについて語ってくれた。
デザイナーズインテリア全盛の時代には見向きもされなかった現代のお宝が何かが見えてくる。

●秋冬ファッション特集
一番オススメしたいアウターウエア
総勢40ブランド、クラッチがオススメするブランドの今季一押しアウターを紹介。
ザ・リアルマッコイズ、バズリクソンズ、ウエアハウス、ショット、ルイスレザーズ、
ポストオーバーオールズ、ナイジェルケーボン、フルカウント、フィルソン、他多数

2020-10-1.jpg

2020-10-2.jpg
今週(10月末)入荷予定の商品のClassic Wool Tweed Blazer



2020-10-3.jpg
冬の定番といえばBrown`s Beach Jacket。
その中でも初期から定番のP-Coat。
重アウターの一部としてワードロープに迎えてはいかがでしょうか?


そしてBBJのコーディネートをFULLCOUNT商品と合わせてみました。
是非参考にしてみてください。
2020-10-4.jpg

右ページ
●BBJ-010 BROWN'S BEACH DOUBLE FLAP JACKET
●5222H FLAT SEAM HEAVY WEIGHT HENRY TEE
●1110 Tapered 
●6843 6PANEL DENIM F BASEBALL CAP
●6211 WILD LEATHER GARRISON BELT
●6110 MILITARY SOX

左ページ
●BBJ-004 BROWN'S BEACH TAILORED JACKET
●4045 Vintage Wool French Farmers Shirt
●1375 Covert Nep Farmers Trousers
●BBJ-012 BROWN'S BEACH CASQUET HUNTING MADE BY THE H.W DOG&CO

2020-10-5.jpg

右ページ
●BBJ-009 BROWN'S BEACH NO COLLAR JACKET
●3741 DOUBLE V SET IN SLEEVE MOTHER COTTON
●1201 U.S. ARMY CHINO 41 KHAKI
●6111 Cotton Watch Cap


左ページ
●2983 Corduroy Farmers Short Coverall

2020-10-6.jpg


右ページ
●BBJ-007 BROWN'S BEACH P-COAT
●4043 Denim French Farmers Shirt
●1376 Indigo Nep Farmers Trousers
●6213 Suspenders


左ページ
●BBJ-003 BROWN'S BEACH JACKET

今月号ではタイトル通り[デニムの教科書]ですので、フルカウントのデニム商品を盛り沢山にご紹介いただいております。

世界共通のファッションアイテムとして浸透しているデニム。
我々の大好きなヘリテージファッションにおいては、やはりヴィンテージ的な要素の強いデニムが求められる。
その最大の魅力は、なんといっても色落ち。また、サイズ選び、穿き方によっても色落ちの仕方は異なる。
デニムの色落ちは、愛用者の履歴書といえるだろう。
そんな昔ながらのデニムを掘り下げ、それを再現することに邁進してきた日本のデニムブランドの功績により、いまの日本は、世界を席巻するデニム大国となっている。
今号では、そんな日本のデニムブランドの定番モデルとその色落ちにフィーチャーしながら、最新トピックとともにデニムにまつわる情報盛りだくさんでお届けする。

202008-lightning.jpg

202008-1-1.jpg

フルカウントの定番デニムは二種
13.7oz / 15.5ozそれぞれにキャラクターがあり共にデニム生地としては最高峰のデニムです。

定番ジーンズはコチラからご覧いただけます。

202008-1-2.jpg
こちらは2020年秋冬よりリリース予定の商品です。一部既にリリース済みですがオンラインショップをチェックして入荷タイミングを確認してみてください。
今シーズン(20AW)商品はコチラからご覧いただけます。


202008-1-3.jpg


2020 / 07/ 04発売の≪音楽と人 2020 8月号≫≪HMV the music & movie master ISSUE 327≫にて
MAN WITH A MISSION様に弊社ジーンズを着用いただいております。

音楽と人8月号-H1-3.png


音楽と人8月号-H1-4.png


音楽と人8月号-H1-5.png

HMV-327-1.png

HMV-327-2.png
フルカウント定番ジーンズ・パンツアイテムはコチラ↓





Special Link
Press
Press Category
Archives
Select Brand