2014年3月アーカイブ

どうも。
フルカウント東京店です。
本日は4月からのキャンペーンをお伝え致します。

買い替え3.jpg

と、その前に。
明日の日曜日は何やら大阪では稲妻フェスWESTが開催のご様子。
そちらの告知もさせて頂きます。

key-1.jpg

稲妻フェスティバル2014 WEST
日程 3月30日(日)
時間 10:00〜17:00
会場 泉大津フェニックス
住所 大阪府泉大津
市夕凪町 ※南海電鉄泉大津駅下車

との事です。
明日なので急ですが、行く価値はあるかと思います。
朝から並んでお目当てをゲットも、もちろん醍醐味なのですが、
お勧めは昼頃からダラダラ参加し、
自分だけの掘り出し物をディグするのが一番楽しいと思います。
成人の方は飲酒して催しや屋台を渡り歩くだけでも、スローな時間を楽しめます。


で、こっからが本題。
東京店の催しです!!

買い替え3.jpg
リペア&穿き替えキャンペーン!!
日程 4月1日(火)〜4月30日(水)
概要 期間中、デニムのリペアをご依頼頂ければ、
   定番デニムを10%OFFにて販売致します。
割引対象 定番デニム
対象店舗 フルカウント東京店


※デニムリペアはご有料となり、お預かりの時間を頂いてしまう事を
     ご了承頂ければ幸いです。


上記の通りでございます。

期間中に、フルカウントのデニムをリペアにお持ち込み頂き、
新しくデニムをご購入頂ければ、その場で10%OFFにてデニムを販売させて頂きます。
もちろん、定番外のデニムをお持ち込みのお客様にも、定番デニムは割引致します。

リペアについての注意点ですが、

1.ご有料になります。
   正確なご料金は仕上がり後お伝え致します。(お預かりの上、見積もりのお伝えもできます。)

2.デニムは洗い立ての状態。お洗濯していただき、一度も着用していない状態でお持ち込み下さい。

3.リペアは基本的に再ステッチ、タタキでの処理となります。
   致しかねるリペアもある事を、ご了承願います。
   元の状態に直すと言う物ではございません。

以上がリペアについての注意点になります。
ご質問等あれば、フルカウント東京店 03-6804-6541まで、お手数ですがご連絡お願いします。

そろそろ次の一本をと思われていた方にはチャンスではないでしょうか?
それでは、明日の稲妻共々よろしくお願い致します。




みなさんこんばんは!ここ、大阪は、今週に入り、雨こそパラパラ降るものの、

暖かく、春らしい、気候が続いております。

週末は雨の予報がでておりますが、雨なんて気にしてはいけませんよ!!

絶好のお出かけ日和です!!

そう3月30日(日)は、稲妻フェスティバル2014 WEST!

key.jpg

物販以外でもお笑いステージ、フードブース、などなど、

楽しめるイベントが盛りだくさんで、日頃の疲れをぶっ飛ばしに是非、遊びにきてください!!

そして現在、本社では直前の準備で大忙しです!

画像 101.jpg

皆様に、大大大満足していただけるボリュームの、FULLCOUNTブースにしております。

是非ご期待くださいませ!!

さらに当日、ブース周辺で、inazuma-fc.jpg
(※こちらはサンプルです。)

こんな感じのチラシを配布します!

数に限りがありますので是非お早めにご来場くださいませ。

皆様、今週の日曜日は、是非、泉大津フェニックスへ!!

一緒に最高の1日を過ごしましょう!!

それでは!!当日、スタッフ一同、心よりお待ちしております!!


美しさ

March 27, 2014

昨日の加工デニムを筆頭に、入荷ラッシュが続いているフルカウントですが、
本日は商品のご紹介とは違った試みをしようかと...。

nkd6.jpg
こちら東京店インスタグラム(FULLCOUNT_TOKYOSHOP)でちらりとUPし、
非常に好評頂いた、お客様のセルフリペアデニムです。
こちらを見た瞬間はその迫力に息をのみました。

ただ、この作品を前にご託を並べるのも粋ではないと思うので、多くは語りません。
僕の好きな所だけ言っておきます。荒いステッチと、独特な色糸の使い方にグッときます。
もはやシガジャンのようにアートピースと言っていいと思います。
では、画像の連発ですがご覧頂きたい。

nkd1.jpg
フロント全体

nkd10.jpg
右足

nkd17.jpg
右腿

nkd15.jpg
右腿

nkd12.jpg
右裾

nkd8.jpg
左足

nkd18.jpg
左腿

nkd20.jpg
左膝

nkd11.jpg
左裾

nkd2.jpg
バック全体

nkd3.jpg
右ヒップ

nkd14.jpg
右裾

nkd9.jpg
左ヒップ

nkd13.jpg
左裾

いかがでしたか。とても美しいですよね。
こちらのオーナーはデザインのために針を入れたのではなく、穿き続けるために、
その場にあった物で修復していったそうです。
カスタムではなく、あくまでリペアであるところが素晴らしい。
技術のあるリペアではありませんが、
足りない技術を情熱とセンスがカバーした最高のバランスだと思います。
所謂モードブランド、デザイナーズブランドはこれを作りたい訳ですからね。
これからも大切に穿き続けて頂きたい作品です。




武骨な一本

March 25, 2014

暑い。
今日は本当に暖かい一日でしたね。
ライトアウターで十分。
ただ、日が落ちると急激に寒くなるのはわかっているんです。

さて、今日は昨日のブログでご紹介した、こちらのモデル。
DSCN2881.JPG
#1900 EARLY 5POCKETS / ¥27.800+TAX

こちら非常にご好評頂き、オンラインショップでは、ほぼ完売。
東京店でもサイズ欠け&生は完売しております。
本日はその着用画像をご紹介しようと思います。

DSCN2839.JPG
シルエットはストンと落ちるストレート。
ワークスタイルを綺麗にまとめるのに非常に便利。

DSCN2844前.jpg
生地にはUSコットンを使用した13.5OZデニム。
定番のしなやかさと対象的なごわついた生地感が武骨なシルエットによくハマります。

DSCN2855後.jpg
バックポケットはステッチ幅が狭いので控えめですが、
大きく角張った形がこれまた武骨に主張します。

東京店も在庫はのこり僅か。
気になる方はTEL:03-6804-6541まで、ご一報下さいませ。


そして、そして。
フルカウント東京店にはこちらのデニムも入荷しております。


DSCN2878  .jpg
#0105S DIG UP WASH / ¥32.800+TAX

今シーズンのスペシャル加工です。
さっき発掘されてきたの?って感じのこの風貌。
デッドストックのヴィンテージを現代生活で穿き込んだって、
こんな感じには仕上がらないでしょう。
ここ数シーズン進化し続ける、フルカウントのヴィンテージアプローチ。
肉眼で見るとまたすごいんです。

是非、ご覧頂きたい!!










どうも。
東京は今日も雨です。
大雨の中ですが、来店して下さった方多々。
ありがたい事です。
皆さん昨日入荷したこちらに興味津々でした。

DSCN2831.JPG
#1900 EARLY 5POCKETS / ¥27.800+TAX

お待たせしました。今期の限定デニムです。
ジーパン、ジーンズ。現在の我々におなじみの5POCKET型パンツ。
日本の誰もが一度は見た事があるあのデザインが完成した直後。
まだまだ違和感の残る姿を蘇らせました。

DSCN2829.JPG
異様に細かい運針に狭いステッチ幅。チェーン、ロックを使わず、
一台のミシンで縫い上げた歪なステッチワーク。
蛇行したステッチがわざとらしくならない、上手い下手さです。
この違いが色落ち、アタリにどんな差異を生むのでしょうか?
楽しみです。

DSCN2819.JPG
愚直な程、直線で構成されたでかいバックポケット。
もちろんむき出しのリベット。

DSCN2827.JPG
サスペンダーボタン、フロントボタンともに鉄製。
裏側のステッチで本縫いが確認できますね。

DSCN2820.JPG
腰にはバックルバック。
ベルトループは当時まだ併用されていませんが、
実用性を考えアレンジ。

DSCN2830.JPG
もちろん、裾もシングルステッチ。
インシーム等の始末は本来断ち切りですが、強度が非常に低くなるので
パイピングで始末。実用のためのアレンジ2です。

1900-up2.jpg1900-up3.jpg
全体で見るとまた、違和感がすごいですね。
シルエットは膝からまっすぐ落ちる武骨なストレート。
太めながらスッキリ綺麗なシルエット。
着用画像はまた後日アップします。


ヴィンテージのリプロダクトと見るのも良いのですが、
これはもうデザインパンツと見た方が良いのかもしれません。
もう我々の頭に染み込んでいる所謂ジーンズの形とは違うパンツです。
もちろんペインター、ウエストオーバーオールズとも違ってきます。
ただ、コーディネートはいつものジーパン感覚でハマります。
普段のカッコにこれを穿くだけでちょっと違った雰囲気に。
これもまたマンネリ打破です。

調子に乗りすぎました。あまりに手間ひまかかるので、生産数は少ないです。
気になる方はお早めに。











日々のスパイス

March 18, 2014

本日はお店のちょいと横にロケバスが止まっていまして。
ちょっといつもと違ったのが、周りを屈強な外国人のお兄ちゃん達が屯していました。
外タレかな?と周りを見ると遠目で見守るギャラリーがポツポツと。
次第に増えていくギャラリー。往来を整理する黒服。
中から表れたのはアヴリルラヴィーンさんでした。
音楽は全くわからないのですが、確かにすごく可愛かったです。
おかげで大勢のギャラリーの中、着用画像を撮影するのが恥ずかしかったんですが、
日常にこんな小さなスパイスがあるとマンネリせずに良いもんですね。

それは、ファッションも同じです。
長い事服を着ているとコーディネートもある程度システィマティックになり、
マンネリ化してしまいませんか?
今日はそんな時の適度なスパイスをご紹介致します!

DSCN2806.JPG
#1874 ANTIQUE TWILL OVERALL / ¥29.800+tax

オーバーオール。
フルカウントでも久しぶりのプロダクツでもあり、
みなさん中々手を出さない服ではないでしょうか?
アンティークツイルを使用したこちらはアイヴォリーの色見も爽やかな逸品です。
ただ、これはちょっと汚れてるくらいがカッコイイ。
なので、汚れを気にしないくらいが丁度いい。何処でも座っちゃって下さい!

DSCN2809.JPG
ビブポケはフラップ付きのシンプルなワンポケット。ショルダーバンドは着やすいゴム仕様。
その上このゴム、リネンを使っているので非常に雰囲気有。ネップがかった生地感です。

DSCN2811.JPG
そして膝のニーアクション。
マチ布はシャンブレーを使い、動きの中でちらりと覗くアクセント。

DSCN2810.JPG
オープンサイドに、比翼の前立て...

DSCN2813.JPG
バックポケットにツールポケットとオーバーオールの定番ディテールは抑えています。

そして着用。

DSCN2774.JPG
このてのアイテムは着慣れていない方以外はどう着て良いかわからない、
着用頻度低そうと思いがちですがさにあらず。非常に自由度の高いアイテムです。
ワークシャツにワークジャケットで綺麗なワークスタイル。
ここからジャケットを脱いでも、

DSCN2772.JPG
普通なパンツ+シャツとは一味違うスタイルに。
オーバーオールはサイズ感ゆるめで下に重量感出した方が
絶対カッコ良いです。

DSCN2777.JPG
そしてシャツを脱いでビブをたらしてエプロン状に。
ループはありませんがウエストをベルトで絞って、ビブをたらしています。
この場合、首からかけたクロシェットがうるさかったかも。

DSCN2781.JPG
そしてシャツを脱いでショルダーバンドをかけてサラッと着るだけでも、
いつもとはちょっと違うスタイルに。

オーバーオール、どうでしょう?
デニムも同時展開していますが、あわせやすさや、トレンド要素、定番性を考えても、
お薦めはアイボリーアンティークツイルです。

アブリルラヴィーンファンの冷ややかな視線の中で撮られた
貴重な写真です。是非チャレンジ下さい!!

被りましたね。

March 14, 2014

みなさん、こんばんは!

昨晩の西日本で発生した地震、揺れている事には全く気づかず、

その揺れで、部屋の窓がカタカタ動いている事に、

ネズミと勘違いしネコの鳴きまねで追い払おうとしておりました、営業部、高橋です。

本日は今シーズンの目玉的存在のコチラ!

subbanner_point.jpg

以前にも、東京店ブログで詳細をご紹介させて頂いているこちらのアイテム

現在、本社スタッフの間での着用率がすごいです。

そして革を育てる為にみんなよく着てきます。

本日は先輩の、オンライン担当兼,営業部の富川と偶然被ってしまったので、

ブログに乗せようとのことで休憩中(サボってる?)の1枚を頂きました。

2.jpg

ダークトーンのカラーリングが雰囲気とマッチして男臭さが際立っております。

しかしブラックではなく少し青みかかったダークネイビーの為、重たくなり過ぎず、

これからの時期のコーディネートに難なく取り入れていただけます。

1.jpg

まず、そでを通して実感する、驚くべき軽い着心地、全くストレス無く着用できるのに、

タイトなシルエットで、バックスタイルもいい感じです。いや、男前です!

4.jpg

ダークネイビーとは違って、鮮やかな色目のキャメル。

春らしいカラーリングで1枚で季節感を演出してくれます。

非常に上品なシルエットな為、子供っぽくならず、

程よく、力の抜けた、コーディネートが可能です。

値段は決して、安い物ではありませんが、一生付き合って行きたい!

と思わせてくれるヤツです。

在庫はかなり品薄状態ですので、迷われている方はお早めにGETしてやってください!



外は冷たい雨

March 13, 2014

今日は全国的に大雨だったみたいですね。
皆さん今頃自宅でゆっくりされてるでしょうか?

一方フルカウント東京店には、もうすぐ発売する新作のサンプルが届きました。
こんな日に家でくつろぐレベルが格段にアップするこの逸品。
代表辻田のインスタグラム(TSUJITA232)での早だし画像でも非常に好評だった
ジャカードクッションです!!

Unknown-1.jpeg
#6784 JAQUARD TOWEL CUSHION / ¥7.800+TAX

隠れたヒット作が続く、フルカウントの雑貨類。
デニムマウスパッドや今期のデニムティッシュケースと、
気づいたら完売している人気アイテムが多いです。

Unknown.jpeg
FULLCOUNTのFモチーフに、ネイティブモチーフと両面とも独立した魅力の両面デザイン。
そして両面ともプリントではなく、ジャカード。織り込んでいます。
なので立体的な凹凸感がカジュアルながらも安っぽさは皆無です。

しかし、このアイテムにとって、そんな見た目の事は二の次なのです。
言いたい事は一つ、重要なのはこの肌触り!!

Unknown-2.jpeg
と、いうのもこの生地、所謂タオル地なのですが、世界に誇るジャパンプロダクツの一つ、
今治タオルで仕上げております。
通常のタオルよりも太番手の糸を使い、ふんわりと柔らかな生地感が非常に気持ちいい。
滑らかな肌触りは、敏感&肌が弱い僕でも、肌の引っかかり皆無です。

こればっかりは画像では到底伝わり用がございません。
なので東京店ではサンプルをご用意しております。
もちろんご予約もお承り致します。


ソファーに二つばかり並べれば、憂鬱なはずの雨の日も自宅で夢見心地です。
いたたまれなくなるから雨が嫌い。なんて言わなくてすみます。

そして、サンプル、画像で伝わらないと言えば、
こちらも東京店にて展示しております。

ひげ.JPG
こちらも、東京店インスタグラム(FULLCOUNT_TOKYOSHOP)で既にご紹介している、
弊社代表辻田が一年半程着用している、
0105XX 1953MODEL HEAVY OZの色落ちサンプルです!!
思わずうなる、すごいヒゲです。

ぜひフルカウント東京店にて、クッションの肌触りと、
0105XXはヒゲの陰影を、確認しにいらして下さい!!






いよいよ迫ってまいりましたよ!!

inazuma-1-1.jpg

inazuma-1-2.jpg
※クリックして拡大

inazuma-2.jpg

【開催日時】
■2014年3月30日(日)10:00~17:00 
※雨天決行

【開催場所】
大阪・泉大津フェニックス特設会場
大阪府泉大津市夕凪町

マーケットブースからカーショー、モーターサイクルショーだけでなく毎年恒例の

ステージパフォーマンスなど様々なイベントが盛りたくさん!

今回も日頃の感謝を込めまして、過去の未発表サンプルや昨シーズンの秋冬アイテム

また今シーズンアイテムの展示、稲妻限定のスペシャルアイテム等を、

この日1日限りでご用意させて頂きます。

お時間ございましたら、皆様お誘いの上、是非!遊びに来てください!

スタッフ一同、心より、お待ちしております!

ニューバランス2

March 6, 2014

こんにちは。

約半年前、フルカウント東京店がリリースしたこちらのアイテム。
憶えていらっしゃいますか?
DSCN2746.JPG
シャンブレーサックコート。
シャツ地で仕立てたフライ級のアウターです。
ありがたい事に割と早い段階で完売となった、
東京店アニバーサリーアイテムでした。
僕もお気に入りでこの秋冬は、バブアーのビューフォートの
インナーにシャツとして、活用しておりました。

今回はその系譜にあたる、フライ級アウターをご紹介。
DSCN2753.JPG
#2797 3BOTTON COVERT STRIPE JACKET / ¥29.190-

こちらのジャケット、昨年のシャンブレーサックコートをより、
ジャケットに近いデザインでプレッピーにふり、
生地はストライプの撚り杢地でよりワークにふり、
絶妙なバランスに仕上げた一着です。
もちろんシャツ生地なので、シーズンまたぎで着用できます。


DSCN2733.JPG
ワーク感強めの生地なので、カバーオール感覚で
何も考えずヘンリーに羽織るだけで、ワーキングクラスのシブさも出てきます。

DSCN2739.JPG
今度はワークシャツの上に羽織る。
不思議とカバーオールよりもこぎれいな印象に。
中にベストを挟むともう少しワークっぽさが増して
シブさが出てきます。

カバーオール以上、テーラード未満。
この変な立ち位置がこいつのキモになります。
きれいな仕立てのジャケットにジーンズで外す定番的なバランスも良いんですが、
ワークの埃っぽい記号を使いながら、ヴィシュアルは割ときれい目に
まとまってるのも良いバランスではないかと。

暑さに強い僕なら真夏も着れるくらいの生地感です。
前回に続き、これだけ薄いアウターは使い勝手良いですよ。


みなさんこんばんは!本日は、さっそくですが、緊急告知です!

明日の3月6日(木)、7日(金)

弊社代表の辻田!!
c18ce9f6.jpg
生産部長の田平!!
36880c35.jpg
このツートップで、FULLCOUNTの誇りである、

デニムパンツを製作している工場のある岡山へ主張となっておりました。

そしてどうせ岡山へ行くのであれば、せっかくなので、いつもお世話になっているコチラへ、

急遽伺うことに!

image.jpg
B-POINT 琴平店
〒766-0003 香川県仲多度郡琴平町五條205−1
0877-56-4001

伺う時間は、ざっくりしておりますがお昼から夕方くらいと予定しております!

6日の夜8時半からはB-POINTファミリーとのディナーパーティーも開催します!
(詳しくはコチラをご覧ください!)

平日ではありますが、またとないこの機会に是非お時間ございましたら

足をはこんでみてください!

そして今年も!
__ (3).JPG1.JPG
こちらの季節!!3月30日!泉大津フェニックス!!

詳細は後日!

お待ちしております!!!

柿渋

March 4, 2014

こんばんは。

入荷が続いていますが、先日入荷した中からオススメの
ボトムのご紹介!!

DSCN2682.JPG
#1871 PERSIMMON DYE KATSURAGI STRAIGHT ¥21,800+Tax

柿渋染めのカツラギ生地を、定番シルエット1108型のカラーパンツのご紹介。
柿渋染めとは、太陽染めとも呼ばれ
日本では平安時代から侍の衣服に使用され、
平家物語にも記載されている伝統的な技法です。
経年変化も面白く、柿渋の色素成分のタンニンが日光に反応し
色味が強くなるのも魅力です!!

DSCN2685.JPG
DSCN2686.JPG
5ポケットでカジュアルに使いやすく、もちろんディティールにもこだわり、
50年代のデニムの縫製仕様で、隠しリベットも付いてますので、
デニムから履き替えても違和感無く穿けます。

DSCN2694.JPG
生地にはソフトな穿き心地のカツラギを使用。
スッキリした1108シルエットで合わせやすく仕上がりました。

柿渋の一味違った色味はワークなコーディネートにも
取り入れやすいシブい1本です。

シンプルでこだわりの詰まったパンツはいかがでしょう。